コラム

氷河期世代の女子大の偏差値がやばい

氷河期の私大バブルの凄さ。大学志願者の2人に1人しか進学できない椅子取り合戦

まずはこれを見ていただきたい。

1994年辺りの私立大学の偏差値一覧だ。

早慶上智がトップなのは変わらないがそれ以下の大学との差があまりなく早慶上智マーチと括ってもいいくらいだ。

今は早稲田より慶応が上で早慶上智とマーチの間には少し開きがあるように感じる。
また西の関関同立とマーチが横並びなのも特徴的だ。むしろ同志社が頭一つ抜けている。驚くべきは亜細亜大、成蹊大、東海大、神奈川大というどこのFランだよ的な大学が高偏差値の難関大学だったことだ。

同世代が200万人もいて私大バブルだったので高偏差値化するのは当然なのだが今の価値観からすると信じられないのかもしれない。

マーチ関関同立クラスで同世代の上位5%には入っていた。

偏差値が平均の50に満たない人は、専門学校か短大、就職しかない。
もちろん浪人も出来るが浪人組も必死だ。今と違って受験生の半分近くが浪人なので浪人相手に現役が戦うというハンデもあった。

実質倍率10倍は当たり前で、実質倍率20倍近いこともあった。
大学の受入数と受験者数のバランスが悪いのでキャパの問題で毎年40%の受験生が浪人となる。
受験人数が多すぎるので偏差値1の間に何万人もがひしめき合う。

 

今の若者「おじさんどこの大学出てるの?」

おじさん「獨協大学さ(俺は勉強出来た方だったしな)」

今の若者「へ、へえ~・・・」

おじさん(あれ?反応イマイチだな。獨協大といえばそれなりに優秀だったんだけどな、どれどれ、今の偏差値は・・・ガーン・・)

 

となるのが現状だ。

 

5chのスレに今のFラン大学の難関ぶりが分かるデータがあった。
直近2012年までのデータなので古いがそれでも驚愕する内容だ。
今はもっと緩いのでは?

1992年 私大一般入試倍率 18歳人口 92年205万人→12年120万人 
大学    学部     受験者数         合格者    92年倍率→12年倍率 
中央学院  商    6702   296  22.6倍  1.6倍 
和光大学  経済 10167   457  22.2倍  1.1倍 
立正大学  法    2341   352  21.5倍  1.8倍 
大正大学  文    8268   473  17.5倍  2.9倍 
桜美林大  経済 12537   727  17.2倍  3.1倍 
聖学院大  政経  3984   250  15.9倍  1.1倍 
横浜商科  商    8133   521  15.6倍  1.1倍 
城西国際  経営  4241   278  15.3倍  1.0倍 
東海大学  教養  4202   314  13.4倍  2.2倍 
高千穂商科 商  11832   917  12.9倍  3.2倍 
拓殖大学  商    9497   738  12.9倍  2.4倍 
和光大学  人文  5180   418  12.4倍  1.5倍 
中央学院  法    3900   317  12.3倍  1.1倍 
日本文化  法    1713   154  11.1倍  1.3倍 
拓殖大学  政経 11278  1079  10.5倍  1.6倍 
江戸川大  社会  3872   375  10.3倍  1.1倍 
敬愛大学  経済  5993   590  10.2倍  1.0倍

これは衝撃をうける。
「いや、すまん、どこの学校?」となってしまう大学がいくつかあるが、それらの倍率が軒並み10倍超え。

今の現役世代からしたら全てFラン大に見えるだろうが昔は全て倍率10倍超えてたんだぞ!和光大学(経済)すげえなw 22人から選ばれし1人!!

立正大学が受験生が校舎に入りきらず東京ドームを試験会場に使ったのは有名過ぎる話。  和光大学も当時はなかなかに難関だった。小学校で同じだった女子は超難関私立中高一貫へ進学したが、  慶應志望だったらしいが、二浪して和光へ。予備校ではいつも一番前の席に座り、猛勉強していたから、  俺も努力が報われて良かったと素直に喜んで、「これでようやく私も大学生になれるよ!」と喜んでいた彼女の表情は今でも忘れられない。  今の子には分からないだろうな・・・

東大文科合格者でもポコポコ早慶に落ちていた。 一橋合格者では早慶併願、地底合格者では明治併願できなかったそうだ。

高等遊民がメインのネット界隈からの評価は厳しいが客観的に見るとマーチ以上は高学歴で間違いない。

しかし上には上がある。早慶上智、旧帝などだ。東工大も素晴らしい。そういうのは単なる高学歴ではなく超高学歴だ。

輝いていた女子大学

さらにショックなのが女子大の没落だ。
同じく1994年の偏差値一覧を見ていただこう。

どうだろう。今のFラン女子大がズラリではないか・・・

とりあえず神戸女学院が素晴らしい。早慶上智に並んでいる。
そして個人的に気になるフェリス女学院。偏差値66、難関ですよこれは。
でも今は・・・ イメージが良くて気品は残っているかもしれないけど偏差値50ちょいだよね。まあ普通レベルになってしまった。
白百合東京女子も没落がやばい。津田塾・・・もなあ。

受験戦争が一番きつかった時代だけど当時の偏差値表を見ていると楽しいんだよね。
私大バブルで私大が輝いていたし、偏差値60後半の大学というだけでなんか格好いい。当時は国公立よりも私大のほうが人気があったから千葉大や横国を蹴ってマーチとかもあったったな。
その高偏差値グループ内に女子大があったのも凄い。才色兼備的な。

偏差値だけでは大学の価値は測れないし単に入学難易度を表しているだけだけど、今の偏差値を見ていると活気ある商店街がシャッター通りになったような寂しさを感じる。

 

私大バブルまとめ

1.おじさんおばさんの学歴は2ランクほどあげてみてあげよう

2.早慶上智に食い込み、マーチを超える女子大学があった。

3.神戸女学院、フェリス女子学院の卒業生の方とお知り合いになりたい。