恋愛・結婚

独身40代の恋愛ムズカシイ・・・妥協が出来ないのが一番の壁

同期のみんな婚活やってますか!?

「いえーい・・・」(死んだ声)

婚活をする自体「余り物なんですよ、ははは」ということの証明みたいで恥ずかしいのが個人的感想だが、恥ずかしくても貪欲に婚活をするほうが正解だろう。
理想の相手に出会えるかもしれないのだ。(まずいないが。これは男女ともに言える)

びびって動けない僕たちのほうがバカなのだ。

しかし僕らが決めつけて動かないのはスッバイぶどうの童話に似てる。
「婚活女(男)」はヤバイのばかりというネットから流れてくる声だ。

これにはもちろん信憑性が無い。仮に真実だったとしても婚活イベントは数多くありある程度メンツの入れ替わりもある。中には当たりと当たり相思相愛の最高の結末を迎える恋活も数多くあるだろう。しかし・・・しかしその確率が低すぎて行動する気にならない。

恋活パーティー。
お金を払ってクリーチャーと記憶に残らないような超浅い会話をし、喉も乾いてないのに場繋ぎでドリンクを飲む。

「早く帰りたい。。こんなことなら家で動画見てたほうがよっぽど有意義だった」

そうこうしているうちに婚活タイムは終了。もちろんマッチングはなかったのでこれで終わりだ。何組かマッチングしているようだが気のせいだから聞こえない。

本来、幸せを探しに行く場所なのにそこから出た途端の開放感が不思議だ。俺は結婚がしたいのか?・・・思いっきり妥協しようと今日出会った人を思い返すがなんか生理的に無理。それは相手も言えることだからそれはそれでいい。お互いが生理的に無理なら成立するわけがない・・・合コンもお金がかかる、もう40過ぎたしやめるか・・・

と家路を暗い足で歩いていると、めちゃくちゃ可愛い数人の女の子とすれ違う。
いい匂いだ、まぶしい・・・・ああいう子たちと仲良くなりたい。
しかしナンパはできない。

まあこういうもんだ。

婚活行ったこと無いけどね。