税金・社会保険・年金

このままじゃ年金が足りない!老後は2000万円不足するぞ!←知ってた

金融庁いまさらかよ。ってか年金解約したい。

年金は税金だと考えないとやってられない。
勝ち組だと言われていた公務員の共済年金が厚生年金に一本化され、その厚生年金の二階建て部分は今では払い損と言われるようにもなり、ついに基礎部分もこのざまだ。

よく言われていたけど、ねずみ講と仕組みがまったく同じ。
先に入った人だけが儲かり後から入った人はお金を取られるだけ。
永遠に年金加入者がピラミッド型で増えないとお金が回らない。
ちょっとマシなところはその集まった年金を運用で何兆円単位で増やしたことくらいか。といってもまともに年金がもらえない僕らには関係ない話だ。

氷河期世代ってまじきついな。
年金に関しては今の20代とかのほうがキツイんだろうか。
今年金をもらってる世代以外は全員等しくキツイのかもしれないな。

さあ問題は2000万円をどう用意するかだ。

老後っていっても、70歳を基準に考えるとまだ20年以上ある。年間10万貯めたらなんと200万円になる・・・・!!全然足りない!

そうか、厳しいけど月3万円くらいにしてみようか。
そうすると、年間36万円。20年間で720万円になる!!半分足りない!!!

月3万円でも足りないのか・・・・

結果から言えばまあ20年~30年で2000万円を貯めるには年間70万円~100万円ほどの貯金が必要だ。もちろん株などを買えば飛躍的に増やすことも可能だ。
逆に減る可能性も高いが。

根本的なことを言えば2000万円足りない!という試算がよくわからないけどね。
興味ないから詳細は見てないけど、食費が異様に高いとか交遊費が高いとかそういう計算なんじゃないの?まあどんなシミュレーションをしようがお金が足りないのは事実として確定だね。

家と食さえなんとかなればなんとかやっていける。
家なんて僕らの老後時代には腐るほど余っているだろうな。(本当に腐っているものも含む)
持ち主は既に亡くなり相続放棄された家があちこちにあるような感じだろう。
分譲マンションも所有者が管理費を溜め込んで行方不明などいくらで出てくるだろう。
そしてそれらの管理は人手不足でろくにできていないから気に入った家に勝手に住み着くイメージだ。警察の数も減っているはず。
近所の畑で自給自足してもいいし(そんな簡単ではない)、似たような人がたくさんいるからコミュニティを作るのがいいかもしれない。

まあ老後の2000万円はあとで考えるとして、自給自足を趣味程度は初めておくのがいいかもしれない。太陽と川の水と土地、種子があればいける!てきな技術ね。

また考えよう